検索
  • Yuko h

家はつくってからが面白い。


家をつくるのが仕事ですが

家はつくってからが面白い

と日頃から思っています。

家が完成した時は

物がなにもないがらんとした空間

すべてが新しくてきれいな状態。

そこから生活がはじまって

暮らす人の個性が出てくる。

生活感のない建築雑誌に出てくる家を見るより

人が長年生活している家の中を見る方が

私にとっては断然面白いです。



家具が入り

暗くなると灯がともり

人が集まり食事をする。



新建材の家はできた時がピークですが

自然素材でつくられた家は年月を経て

いい味が出てきて風格を増す。



たとえばこのテーブル。


10年以上経っていい味が出てきました。

使い込んでたくさん傷があっても

雰囲気が出るのは自然素材だから。





生活感が一番見える場所は

なんといってもキッチン。

もれなくわが家のキッチンも

道具や雑貨があふれてきました。



システムキッチンではない

オープンの手づくりキッチン。



自然素材でできた空間では

プラスチック製の大量生産品ではなく

自然素材を使った手づくりのものや

年月を経ていい味の出たものを置きたくなる。


親友から送られてきたお皿たち。

彼女のお母さんが趣味でつくった焼き物。



最近のお気に入り雑貨はこれ。

古道具屋さんで見つけてきたカゴたち。



小ぶりな丸テーブル。

桜の無垢材で注文して

製作に2ヶ月待っていました。



大工さんにつくってもらった

キッチンカウンターの山桜より色が薄い。





家をつくった後が面白い。

何といってもその人それぞれの暮らしの場、

生活の基本の場所だものね。

そこには考え方、個性、哲学、

生き方がにじみ出てくるものなのです。

とまあ、固いことは抜きにしても

日々の暮らしを楽めるって豊かですよね^^

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示