S__2572498.jpg

設計 平野 裕子

1977年新潟生まれ、東京育ち、2009年愛媛に移住。
ジムで週3回1.5キロ泳ぎ、好きな本とレコードに囲まれた暮らしをしています。
これまで寄り道してきたことから意識は世界に開き、興味関心は建築だけにとどまらず、地球環境、食、運動、暮らしの在り方に広がり、暇さえあれば小説、歴史、物理学、その他雑学の本を読んでいます。
​現在、自然を何よりも愛するポーランド人のパートナーと愛媛で暮らしています。

z.jpg
32.jpg
yuko.jpg
IMG_0688.jpg

20歳の頃環境に興味を持ち、就職後友人との貧乏シェア生活でお金を貯め、環境を学びにオーストラリアのタスマニアに留学。

2002年 タスマニアでパーマカルチャーに出会い、自然の中で循環する広い視点にたった暮らしの在り方に共感する。

留学時代、周りの友人たちがジャンキーな食生活で精神的に不安定になっていくのを目の当たりにし、食の大切さを実感。
肉体だけでなく、食が精神に与える影響に興味を持つ。

IMG_1175.jpg
IMG_1176.jpg
IMG_1177.JPG

2004年 現地で出会ったオーストラリア人と大恋愛の末結婚して、彼を連れて日本に戻り東京で生活する。


医薬品、漢方、サプリメント等を扱う会社に就職し、食、予防医学の本を読み漁る。
 

父が大腸癌になったこともあり、癌にならない食生活を徹底的に研究。

夫がパニック症を抱えていたこともあり、食事に加え、運動の効能にも注目しはじめる。
 

ボディーソープやシャンプーリンス等をすべて液体せっけん一本に切り替え、洗剤も生物分解できるものに変える。

S__3383362_edited.jpg
IMG_1181.jpeg
IMG_1392.jpeg

2008年 30歳の時、高野山で何かに打たれ意識が変わる(普段スピリチュアルなところはまったくなし)。

その後、仕事を辞め、離婚をし、「好きな場所に住んで好きなことを仕事にしよう」と旅に出る。


2009年 はじめてやってきた愛媛に勢いで移住する。

まったく経験がなかった建築業界に飛び込む。

IMG_1232.jpeg
IMG_1210.jpeg
IMG_1153.JPEG

一年間職業訓練校で建築を学んだ後、工務店にて約8年間、注文住宅の設計監理を担当。

2018年 工務店を辞め独立しフリーランスになる。
師匠と共に建築士事務所の設計監理、その他構造設計事務所での構造図面、木造耐震診断等を行う。
木造住宅だけでなく、鉄骨、コンクリート造の商建築も経験。

2020年春、愛媛に来てから公私ともに一番近い存在だった建築の師匠を失くす。


現在の建築業界の在り方に疑問を持ち、家という建物だけにとどまらない、地球環境も含めた暮らしの在り方という原点に立ち返る。

 

2020年9月 二級建築士事務所 QB design(量子くまデザイン)を設立。

2020年11月 環境にやさしい暮らしと家づくりをコンセプトに「水と木の間で」を立ち上げる。

これまで設計監理した建物の一部(工務店・フリーランス時代)

ninomiya1.jpg
ninomiya3.jpg
c.jpg
g.jpg
f.jpg
完成17s.jpg
S__2703549.jpg
ninomiya2.jpg
07.jpg
15.jpg
IMG_6966.jpg
e.jpg
04.jpg
08.jpg
01.jpg