top of page
  • 執筆者の写真平野 裕子

新築K邸 2 |手刻み木組の家・上棟式




宇和島の山の中で、自然と寄り添うサステナブルな暮らしをしている家族。 K邸の建前(上棟式)の様子をお伝えします。


山の中のサステナブルな暮らし

上棟式は、手刻み大工さんたちが集結し、一日かけて柱や梁、棟など主となる骨組みを組み上げます。




山の中のサステナブルな暮らし

早朝、大工さんたちが集結。 安全を祈願し、工事スタート。



山の中のサステナブルな暮らし

この景色の中での建前。木組みの家にぴったりの環境です。



みずき工房 木組み模型 木組みの家 手刻み

気心の知れたいつものメンバーなので、手際よく作業が進みます。



みずき工房 木組みの家 手刻み

大工だん以外では一人、材木屋さんが応援にきてくれました。すべて天然乾燥材を使っています。


みずき工房 木組みの家 手刻み

手刻み木組みの家はこの接合部分を見れば分かります。プレカットよりも複雑ですね。プレカットは接合部分がより単純で余裕があって、金物補強が前提となります。 そして柱と梁に四角い小さな穴があるのが分かりますか?


みずき工房 木組みの家 手刻み見学

四角い穴に、この込み栓と呼ばれるものを入れるんです。込み栓には堅い樫の木を使います。




みずき工房 木組みの家 手刻み 髙田将人

木組みの家は、建て方が進んでいくにつれ骨組みががっちりと強くなっていきます。


みずき工房 木組みの家 手刻み

骨組みがしっかり組み上がってきました。天然乾燥材なので材の色が美しいです。




みずき工房 木組みの家 手刻み 村田智彦

お昼はお施主さんの手作りのカレーをご馳走になりました。何よりもこの環境で食事ができるのが最高だなあ。



みずき工房 木組みの家 手刻み

午後からも作業が進みます。毎回ですが、建前を見ていると大工さんたちに対して尊敬の念が湧いてきます。本当にかっこいいんですよね。 人の手で自然の材を使って家を組み上げる。出来るまでのプロセス、大工さんたちの動きや身のこなしを含めた作業すらもアートです。


みずき工房 木組みの家 手刻み 地鎮祭

棟が上がりました。お施主さん家族も2階に上り棟上げに参加です。


餅巻きの様子。ご近所さんがたくさん来てくれました。



無事棟上げが終わり、お施主さんがおもてなしをしてくれました。

お疲れさまでした!乾杯!




閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2_Post
bottom of page